前髪だけの縮毛矯正ってあり?頻度・費用なども解説

前髪で印象は大きく変わる

前髪があるかないかでもだいぶイメージは変わってきますし、クセ毛でクルクルしているか真っ直ぐで少しふんわりカールしているかでもだいぶイメージが変わります。
自分の持っているクセがかわいく前髪を作れたら問題ありませんが、クセ毛はそんなに簡単ではありません。
理想としていないチリチリ加減になってしまい、決めたはずの前髪が雨の日の湿気にやられてダレてしまうこともあります。
そのぐらい雰囲気を変える箇所でもありますので、困っている方は縮毛矯正をしましょう。
全体的にかけなくても、部分的にできてしまうので大変おすすめです。

前髪だけ縮毛矯正はこんな人におすすめ

縮毛矯正と聞くと髪の毛の全体的に行うイメージが強いのではないでしょうか。
美容室のメニュー表にも大きく縮毛矯正とだけ書かれているので、部分的にできることを知らない方もいるでしょう。
実は部分的にもでき、料金も全体的に行うよりも安くできます。
さらに時間も短くなるので、気になる箇所だけ行うのもおすすめです。
特に前髪はそんなに毛もないですし、中途半端に短いのでクセが出やすい箇所でもあります。

もし後ろ側の髪の毛がクセが出てしまったとしても、おだんごヘアやポニーテールにするとそんなに目立ちません。
しかし前だとその部分だけ結うわけにもいかず、ブローをしてなんとかごまかすしかなくなってしまいます。
次からは具体的にどんな人におすすめかも紹介していきます。

前髪だけクセ・うねりが気になる

後ろの髪の毛のはそこまでクセがあることが気にならなくても、前髪だけは見るに堪えないくらい気になっているという方もいるでしょう。
ある程度後ろの髪の毛は重みもあるので、クセ毛であってもなんとかなる程度に収まっている方も多いです。
しかし顔を鏡で見ると、前はうねってしまい気になってしまうという方も多いのではないでしょうか。

実際ロングヘアの方などは、前と後ろでは気になる差が大きい方も多いです。
縮毛矯正をかけても後ろの髪の毛は4ヶ月から6ヶ月気にならなくても、前髪は2ヶ月前後で気になってくる方も多いです。
気になったら部分的でいいので、しっかりとかけてもらいましょう。

髪へのダメージを極力抑えたい

普段から縮毛矯正をしている方は、定期的にしているだけで髪の毛は傷んでいます。
もちろん美容室でもその方のダメージ具合を見て、少しでも傷まないようにと努力をしてくれます。
しかしそれでも元々うねっている髪を薬品の力で伸ばしていくので、少なからず傷みが出てしまうのです。

頻度を高く全体的にかけてしまうと、髪の毛はガサガサでまとまりの悪い傷んだ髪になってしまいます。
よっぽど高級なトリートメントを毎日使う必要やケアが必要となってしまうでしょう。
気になるところだけ気になった時に行えば、ほかの髪の毛を何回も薬品にさらし傷めることをしなくても良くなります。

時間・費用を抑えたい

縮毛矯正を行うとなると、けっこうな費用が掛かるのは避けられません。
美容師さんにとってもカラーやカットだけするよりも手間暇がかかりますし、髪の毛全体的に行う時には、漏れのないようにすべての髪の毛を伸ばさなければいけないので大変です。
その分の手間賃や薬品の費用が掛かってしまうので、毎回行っていると美容代も大きくなってしまうでしょう。

部分的な縮毛矯正を行えば、時間も短く行えますし、費用も全体的に行うよりも安くなります。
全体的に行う時にはほとんど1万円以上の金額になる美容室は多いですが、前髪だけとなるとその半分前後になります。
実際に薬品やアイロンで伸ばす髪の毛も少ないので、必然的に安くなるのです。
そして範囲はその美容室によって変わってきますが、部分的であってもサイドの顔周りともみあげも一緒に真っ直ぐにしてくれます。

前髪のみ縮毛矯正する時の費用

前髪だけの場合の費用の相場は、4,000円から8,000円のところが多いです。
これは全体的にかける時の2/3や1/2の金額となります。
本当に安くなりますので、これなら頻繁に縮毛矯正をしても大丈夫と感じる方も多いのではないでしょうか。

費用があまりにも高いと2ヶ月に1回行うのは難しい方もいるでしょう。
中にはカットも頻繁に行い、カラーも毎月行っている方にとっての負担は大きくなります。

そんなに費用も高くないからこそ、もし少し余裕があれば髪の毛に少しでも内部へ栄養を与えるために高級なトリートメントをしてあげるのもおすすめです。
1万円以内で行えますので、全体的に縮毛矯正をかける時まで無理に待たずに気になったら美容室へ相談しましょう。

美容院へ通う頻度

具体的に〇日ごとに来るべきという基準もなく、自分の中でクセが気になったら行くという感じでまったく問題ありません。
クセ毛の度合いというのは、その方によって違いがあるものです。
3ヶ月に1回でも良いですし、気になるような時は1.5ヶ月に1回でも問題ありません。

ただ後ろ側の髪の毛とは違い、3ヶ月目くらいにはハッキリとわかるようにクセが出る方が多いです。
特に晴れた日は問題ないのですが、雨が降りそうな湿気の多い曇りの日や雨の日はハッキリとクセが出てきます。
雨の日を気にして憂鬱になってしまうよりも、少し早めに縮毛矯正をしてあげるといいでしょう。

ある程度クセが目立ってしまってから縮毛矯正をしてしまうと、かけたての真っ直ぐな感じに見慣れず人に会うのが嫌になってしまうこともあります。
理想はクセがハッキリと目立つ少し前の2ヶ月あたりでまた縮毛矯正をかけると、普段の前髪と変わらず真っ直ぐさになり自分を鏡で見ても違和感を感じにくいです。
どのような頻度で行くか決めたい方は、2ヶ月に1回がおすすめです。

まとめ

前髪は特に顔の正面にあるので、嫌でも見えてきてしまいます。
どんなに自宅で伸ばしてスプレーをしてきても、雨の日など外に出たら何もお手入れしてこなかったのようにクリクリになってしまうのがクセ毛です。

そうなる前に後ろの髪の毛よりも頻度を高く、前髪の縮毛矯正だけ行うのがおすすめです。
美容室でかけた後真っ直ぐになった感じが気になる方は、前髪の量を増やしてみてください。
少ない時よりもふんわり感やボリュームが出て、縮毛矯正したばかりでも前髪に違和感を感じにくいです。

関連記事

PAGE TOP